現代に蘇るウィーン伝統の銀細工

旧市街の中心部にあるウィーン・シルバー・マニュファクチャーでは、ウィーン銀細工の古典とも言うべきオリジナル・デザインの数々が再現され、再び入手可能となりました。
このメーカーの前身はアレクサンダー・シュトュルムのシルバーマニュファクチャーで、歴史的なウィーン工房を代表するヨーゼフ・ホフマンやオスヴァルト・ヘールトルなどのデザインによる銀細工製品を生産していました。
現代のウィーン・シルバー・マニュファクチャーも、銀塊を素材とする伝統工芸品のみを生産しています。
シリーズのハイライトはナプキンリング、ヨーゼフ・ホフマンのデザインによるナイフ・フォーク・セット「Nr.135」、オスヴァルト・ヘールトルのデザインによるモカスプーンやシュガートングなどです。
こうしたウィーン伝統のデザイン製品と並んで、今後は、オーストリアや各国の現代デザイナーによるシリーズも生産されます。

Wiener Silber Manufactur
ウィーン・シルバー・マニュファクチャー
Spiegelgasse 14, 1010 Vienna
www.wienersilbermanufactur.com

ウィーン工房のオリジナル・
デザインを再現するウィーン・シルバー・マニュファクチャー

写真データのダウンロード
こちら 

Teilen, bewerten und Feedback
Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title