Vienna Media News

Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

You are here:

ウィーン・プレスインフォメーション 2021年3月号 ウィーンの新たな緑地

今は屋外で過ごすことが最も安全とされています。そしてウィーンでは、屋外で過ごす時間に格別な心地よさがあります。春になるとウィーンの公園は一番美しい姿を現します。木々は芽吹き、花々が咲き始め、すべてが緑で満たされます。ウィーンの市街地の半分以上は緑地です。街の中心にも大きな公園があります。市民庭園(フォルクスガルテン)でも白く輝くテセウス神殿の脇で400種のバラが何千本も咲き誇ります。王宮庭園(ブルクガルテン)では、人々は芝生の上でくつろぎ、音楽ファンはモーツァルト像へ巡礼に訪れます。市立公園(シュタットパーク)はウィーンで最も古い公共の公園施設で、ここにはウィーンで最も多く撮影されている記念像があります。ワルツ王、ヨハン・シュトラウスの金箔の像です。

クールダウン - ウィーンの暑さ対策

ウィーンは世界で最も緑化の進んだ町で、レゾナンス・コンサルタンシー(Resonance Consultancy)による「2020年の世界の緑豊かな都市トップ10」でナンバーワンに選ばれました。合計でウィーンにはおよそ1000もの公園と緑地があります。しかもそれが増加し続けているのです。最近の10年間でウィーンには、平均で18日に1件というペースで新しい公園が誕生しています。2020年の9月にはウィーン初の「クーリング・パーク」がエスターハージー公園に完成し、夏の終わりからウィーン市民がそこで暑さをしのぐことができるようになりました。公園の中央には植栽が施され、日陰があり、ミスト噴霧装置が設置されたおよそ30㎡の広さのクールスポットがあります。夏場は周りを約6度ほど冷却することができ、これは気候変動により上昇しつつある夏の暑さに対してウィーン市がとっている数多くの対策のひとつです。クーリング・パークは環境モデル都市ウィーンの規範プロジェクトなのです。

2020年10月初頭にオープンしたドナウ運河のフローティング・ガーデンは来たるアウトドア・シーズンに注目されるミーティングポイントです。今は使われていない昔の皇帝プール水門が緑化され、シートやソファーが設置され、1500㎡のレクリエーションエリアに改装されたのです。このプロジェクトもまた、夏の暑い時期を快適に過ごせる場所を確保することを目的としています。

ノイバウガッセ(Neubaugasse)の新たなミーティング・ゾーンのコンセプトも同様に、2020年11月にその建設が完了しました。第7区にある人気のショッピングストリートには100個のシートが設置されました。29本の木々、数多くの植物やミスト噴霧水が暑い日のクーリングに一役買います。今春には人々はこの新たなミーティング・ゾーンを存分に楽しむことができるでしょう。

ウィーンの屋根の上

ウィーンの建物の屋根の上にも新たな緑地と公共のミーティングポイントが誕生します。2021年秋、ウィーンには一般公開される新たな屋上テラスが誕生します。スウェーデンの家具企業Ikeaが西駅に新しい店舗を建設、その屋上に緑あふれるガーデンを造ります。ファサードと屋上の合計160本の木々により快適な微気候(オアシス)が生まれます。屋上テラスはIkeaの営業時間以外も立ち入ることが可能で、談話やコーヒータイムの場として提供されるのです。最上の2つの階にはアコール・グループのJoe&Joeがホステルとして入ります。

ミュージアム・クォーターのレオポルド美術館の新しい最上階展望テラス、MQリベレは2020年秋のオープン以来、初めてのサマーシーズンを迎えます。MQリベレからはウィーンの市街地の最も美しい展望が見渡せます。眼下には美術史博物館や自然史博物館、英雄広場が。ローリッド・オルトナー設計によるMQリベレは建築的観点のハイライトでもあります。オーストリアの芸術家、ブリギッテ・コヴァンツがリング状の光のインスタレーションを創りました。光のリングはレオポルド美術館の屋上に何か起こるという視覚的にわかりやすいサインです。MQリベレは無料で入場でき、飲食自由のゾーンです。お望みの方はキオスクでスナックや飲み物を買うことができます。

ivie - あなたのウィーンのパーソナル・ガイド

多くの公園や緑地に関する耳よりアドバイスはウィーン市観光局のデジタル・シティ・ガイドivie(iOSとアンドロイドで無料ダウンロード可)でも入手できます。このアプリは市内散策の完ぺきな案内役です。ivieには好奇心を引くミュージアムや心が躍る建築物、素晴らしい公園、素敵なマーケット、その他ウィーン市民でさえ知らない、多くの場所の情報が入っており、これらは一見の価値があります。更なる詳しい情報はこちらまで:ivie.wien.info

  • カナダ・アメリカのコンサルティング・エージェンシー、レゾナンス・コンサルタンシーによるランキング「2020年の世界の緑豊かな都市トップ10」www.bestcities.org/news/2020/04/22/the-worlds-greenest-cities/ 
  • Volksgarten, Burggarten, Stadtpark, 市民庭園、王宮庭園、市立公園, 1010 Wien 
  • Esterházypark, エスターハージー公園, 1060 Wien
  • ドナウ運河のフローテイング・ガーデン, アウガルテン橋とザルツトア橋の間、1010 Wien
  • ノイバウガッセ(Neubaugasse)のミーティング・ゾーン, 1070 Wien
  • Ikea西駅店, 1150 Wien, www.ikea.com/at/de/stores/wien-westbahnhof/ 
  • ミュージアム・クォーターのレオポルド美術館の屋上のMQリベレ, Museumsplatz 1, 1070 Wien, www.mqw.at  

Contact

Vienna Tourist Board
Matthias Schwindl
Media Relations
Tel. (+ 43 1) 211 14-361