ウィーン・プレスインフォメーション 2020年9-12月号 ミュージアム・クォーターの新しい展望テラス


Qリベッレはレオポルド美術館の最上階にできる新しいアートとカルチャープロジェクトのための空間で、広さ600㎡の公共テラスが隣接されます。ミュージアム・クォーターの新しい展望ポイントには椅子が置かれ、ドリンクやスナックを販売するキオスク、さらに旧市街からウィーンの森まで見渡せる眺望が提供されます。MQリベッレとMQテラスは、1990年代末にミュージアム・クォーターのエリアに新築された建築物(レオポルド美術館、近代美術館、クンストハレ・ウィーン)の設計を担当した建築家、ラウリッドとマンフレッド・オルトナーの設計によるものです。

レオポルド美術館の屋上の増築はミュージアム・クォーター・ウィーンがオープンした2001年以来の大きな拡張工事です。これにはオーストリア有数のアーチストも参加しています。エヴァ・シュレーゲルはMQリベッレのガラスの壁を設計し、ブリギッテ・コヴァンツはMQテラスのアイコンともなる照明を作りました。MQリベッレはアートとカルチャープロジェクトにも、その他のイベントにも利用ができます。冬期の休業(2020年11月1日-2021年3月31日)以外はこのロケーションは毎日10時から22時までオープンしています。

  • MQリベッレとMQテラス、2020年9月4日から、ミュージアム・クォーター・ウィーン  Museumsplatz 1, 1070 Wien, www.mqw.at

コンタクト:

Vienna Tourist Board
Nikolaus Gräser
Media Relations Japan
Tel. (+ 43 1) 211 14-365

Recommend article

Please complete all the mandatory fields marked with *.
The data and email addresses you provide will not be saved or used for other purposes.

From
to
Rate this article
Recommend article

Please complete all the mandatory fields marked with *.
The data and email addresses you provide will not be saved or used for other purposes.

From
to
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Service links