ウィーン・プレスインフォメーション 2019年4月号 トーネットとウィーンのカフェ・ハウス


それはウィーンの最も有名なデザイン家具であり、カフェ・ハウスとは切っても切れない縁のある椅子です。トーネット社のクラシック・チェアNo.14は伝統的なウィーンのカフェ・ハウスの椅子として知られています。この椅子の背もたれは2本の曲木で出来ており、曲木に特化したトーネット社の代名詞ともなっています。創業者のミヒャエル・トーネットは水蒸気で無垢材を曲げる技術を発明し、家具製造の革命を起こしました。

ラインランド(ドイツ)出身のミヒャエル・トーネットはメッテルニッヒ侯爵の招きでウィーンを訪れ、1849年に自身の工房を設立。ほどなく、彼は木材が豊富で安い労働力のあるメーレンに生産拠点を移します。そして「ゲブリューダー・トーネット」工房はウィーン生まれの世界的家具メーカーへと発展しました。新しい分業方式により、世界で初めて、家具の大量生産が可能となりました。また、椅子は6つのパーツに分けることができたため、世界中への出荷ができるようになったのです。トーネット社の数多くの椅子がデザイン史のアイコンとなりました。アドルフ・ロースオットー・ワーグナー、更にはヨーゼフ・フランクらがトーネット社のモデルのデザインを手がけました。

現在はNo.214となったNo.14は2019年に誕生160年を迎えます。試しに座ってみたい人はウィーンこそお勧めの場所。トーネットの14番の椅子は典型的なウィーンのカフェ・ハウスで使われています。カフェ・ティローラーホーフ、カフェ・コンディトライL.ハイナー、市庁舎近くのコンディトライ・スルカ、フォルクスオーパーのカフェ・ワイマール。また、第7区のカフェ・ウルリッヒで使われているトーネット214のように、現代的な内装の場所にもよく合います。

トーネット社創業200周年を記念してウィーンMAK(応用美術館)は19世紀最大の家具帝国に関する大展覧会を開催します。展覧会の題は「曲木、その多様性」。トーネットとモダン家具デザインが、現在の家具デザインにおけるトーネット社のコアな意味を示し、同社の代名詞でもある世界的に有名な曲木家具の技術的・類型的・美的・歴史的開発の背景を時代ごとに映し出します。

  • 曲木、その多様性 トーネットとモダン家具デザイン、2019年12月18日~2020年4月13日まで
    MAK-オーストリア応用芸術・現代芸術美術館、Stubenring 5, 1010 Wien
    www.mak.at

 

コンタクト:

Vienna Tourist Board
Nikolaus Gräser
Media Relations Japan
Tel. (+ 43 1) 211 14-365

Recommend article

Please complete all the mandatory fields marked with *.
The data and email addresses you provide will not be saved or used for other purposes.

From
to
Rate this article
Recommend article

Please complete all the mandatory fields marked with *.
The data and email addresses you provide will not be saved or used for other purposes.

From
to
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Service links