Vienna Media News January 2018

Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

You are here:

ウィーン・プレスインフォメーション 2018年1月号 ウィーン産のアルコール飲料

ウィーンのベルモット・メーカー「ブルシック」は1891年に創業されました。アペリティフとして、あるいはカクテルの成分として愛されるベルモットのレシピは、歳月とともに繰り返し新たに解釈されてきました。現在のブルシック・ベルモットには、クラッシク、ドライ、レッドの3種類があります。ウィーン西駅に近いブルシック製造所のラウンジでは、ベルモットを味わい購入することも可能です。

ウィーン・ジンは、ボイラー兄弟と自称する3人の友人のアイデアから生まれました。長年の実験と試行錯誤を通して生まれたのは「典型的にウィーン的なジン」で、ニワトコの風味がビャクシンの味わいを一層引き立てています。ユーゲントシュティールのラベルで飾られたボトル入りで、旅のお土産としても人気があります。

ポーランドの家庭に伝わる古いレシピにより、ウィーンで生産されているのがウォッカ・リニアです。ジャガイモと水を原料に、伝統的な製法で準備・蒸留し、一切の添加物を使わず、冷やさないままでも素晴らしい味わいです。加えて、このウィーン産ウォッカは美術プロジェクトです。どの瓶にも名称の由来であるライン(リニア)が手描きされ、例えば今年のアート見本市パラレル・ウィーンに因んで、アーチストのデザインによる限定エディションとなります。

ヨーロッパのバレリアン、オーストラリアのユーカリ、日本の柚子など、カレの原料は世界各地から集められます。アロマ豊かで爽快なハーブ・リキュールは薬局や市場で販売され、市内の多くのレストランやバーで、ストレートで、あるいはミックスドリンクとして供されています。ニガヨモギとクロスグリをベースとするのがwie.bitter(ヴィビッタ)で、苦味のある清涼飲料ですが、キニーネやアルコールは含まれていません。発明者によれば、清涼飲料であるばかりでなくアペリティフ、食間飲料にも適し、様々なドリンクやカクテルにも配合できます。

Contact

Vienna Tourist Board
Helena Hartlauer
Media Relations
Tel. (+ 43 1) 211 14-364