By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション 2016年3月号 ヴィルギル礼拝堂、再び一般公開

ウィーン旧市街の地下にあるヴィルギル礼拝堂は、抜本的な修復の後、2015年12月12日から再び一般公開されています。入り口は、地下鉄シュテファンスプラッツ駅(地下鉄U1とU3)の地下通路にあります。静寂に包まれた神秘的なゴシックのヴィルギル礼拝堂には、新たに、中世ウィーンを紹介するコンパクトな展示も設けられています。礼拝堂は、1973年の地下鉄工事中、シュテファン大聖堂の下12メートルのところで発見され、2008年からは保存上の配慮で閉鎖されていたものです。

ヴィルギル礼拝堂は、ウィーンで最も良く保存されたゴシック内装のひとつです。神秘的な静寂に包まれた地下礼拝堂は1220/30年頃、当時予定されていた聖堂の地下部分として初期ゴシック様式で建設されました。1246年頃には礼拝堂壁面に建築要素が描かれ、太陽十字が加えられました。地上部分には後に、マリア・マグダレーナ礼拝堂が建てられました。この小さな聖堂の平面図は今も、シュテファン広場の地面に明確に描かれています。

  • Virgilkapelle ヴィルギル礼拝堂, Stephansplatz駅 (地下通路 Passage U-Bahn-Station), 1010 Wien, www.wienmuseum.at

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links