By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション 2015年3月号 2015年後半、ウィーンの大規模特別展

ウィーンのリング通り開設150周年を記念して、多くの博物館・美術館で特別展が開催されます。ベルヴェデーレで2015年7月3日にスタートする「クリムトとリング通り」は、当時のカリスマ的巨匠に焦点を当てるものです。帝王の如く美術界に君臨したハンス・マカルトの作品を出発点に、クリムトを中心とする若手画家の芸術家カンパニーが華々しい成功を収めるまでをたどります。展示される豪華な内装アンサンブルは、リング通り時代の贅沢なライフスタイルを再現したものです。官能的な歴史画に加えて、これまで展示されたことのないクリムト初期の作品も、初めて一般公開されます。

特別展「クリムト/シーレ/ココシュカと女性たち」は、秋からベルヴェデーレ下宮でスタートします。ウィーン現代美術の出発点を代表する3人の画家は、時には交差しながら異なるアプローチで「女性問題」にも取り組んでいます。特別展では彼らの相違性と共通性を掘り下げ、20世紀初頭の男女関係に新たな視角を提供します。

アルベルティーナ美術館で開催される「ロマン派絵画の世界」は、1800年前後を起点とする思想史的潮流にスポットライトを当てます。とりわけ今回初めて、ドイツのプロテスタント・ロマン派と、ウィーン・アカデミー出身者によるルーカスブントのカトリック・ロマン派が対置されます。彼らがテーマとした、理想社会としての中世、夢の世界、死のビジョン、深淵などが、展示作品に描き出されています。この潮流を代表するフリードリヒやルンゲに加えて、カール・ブレッヒェン、フランシスコ・デ・ゴヤ、フェルディナント・オリヴィエ、カール・フリードリヒ・シンケル、ユリウス・シュノル・フォン・カロルスフェルト、アルフレート・レーテル、ウィリアム・ターナーなどの作品も展示されます。

ミュージアム・クォーターにあるレオポルド美術館では2015年秋、現代美術を切り拓いたドイツの前衛画家に焦点が当てられます。特別展「乱舞する色彩:ドイツ表現主義絵画の名作」では、選び抜かれた30点の油彩と80点の水彩・素描によって、ドイツ表現主義を代表する全ての画家が紹介されます。これらの作品は、ハーゲンにあるオストハウス美術館の所蔵品で、ブリュッケのエルンスト・ルードヴィヒ・キルヒナー、オットー・ミュラー、カール・シュミット・ロットルフ、ミュンヘン新芸術家協会と青騎士のガブリエレ・ミュンター、アレクセイ・フォン・ヤウレンスキー、フランツ・マルクなどが登場します。

2013/14年のルシアン・フロイド特別展の大成功を受けて、ウィーン美術史博物館では、ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツとの連携で、現代美術シリーズを続けます。今回の特別展は「ジョゼフ・コーネル:放浪の喜び」で、これはコーネル作品によるオーストリア最初の展覧会です。1903年アメリカ東海岸に生まれたジョゼフ・コーネルは、スケッチや絵画・彫刻はできず、しかも従来の意味での美術教育は一切受けていません。それにもかかわらず彼は、北アメリカにおける最も革新的なアーチストに数えられています。彼の作品は「ボックス・スカルプチャー」と呼ばれ、ガラスの蓋をしたショーケースです。その中に、何十年にもわたって集められた日用品が配置されています。中には奇妙なものも含む日用品は、日常性を脱却した独特の組み合わせの中で、新たな輝きを放っています。

デンマーク生まれのアイスランド人オラファー・エリアソンの包括的な作品展は、ウィーンの2つの会場で開催されます。ひとつはオイゲン公が住んだバロック様式の冬の宮殿、もうひとつはTBA21アウガルテン(ティッセン・ボルネミッサ・アート・コンテンポラリー)です。ウィーンのTBA21のほか、メキシコシティのコレクシオン・フーメックス、ブエノスアイレスのフアン&パトリシア・ベルヘス・コレクションから、重要な作品の数々が紹介されます。加えて、新たな委嘱作品は、夫々の土地との関連からのみならず、エリアソンの作品と彼のバロックに対する批判的・類型学的関心からも分析されます。

  • Klimt und die Ringstraße クリムトとリング通り, 2015年7月3日〜10月11日, Belvedere - Unteres Belvedere & Orangerie, Rennweg 6, 1030 Wien, www.belvedere.at
  • Klimt/Schiele/Kokoschka und die Frauen クリムト/シーレ/ココシュカと女性たち, 2015年10月22日〜2016年2月28日, Belvedere - Unteres Belvedere & Orangerie, Rennweg 6, 1030 Wien, www.belvedere.at
  • Welten der Romantik ロマン派絵画の世界, 2015年9月25日〜2016年1月10日, Albertina, Albertinaplatz 1, 1010 Wien, www.albertina.at
  • Farbenrausch. Meisterwerke des deutschen Expressionismus 乱舞する色彩:ドイツ表現主義絵画の名作, 2015年10月9日〜2016年1月11日, Leopold Museum, MuseumsQuartier, Museumsplatz 1, 1010 Wien, www.leopoldmuseum.org
  • Joseph Cornell: Wanderlust ジョゼフ・コーネル:放浪の喜び, 2015年10月20日〜2016年1月10日, Kunsthistorisches Museum Wien, Maria-Theresien-Platz, 1010 Wien, www.khm.at
  • Olafur Eliasson オラファー・エリアソン, 2015年11月21日〜2016年3月6日, Winterpalais, Himmelpfortgasse 8, 1010 Wien, www.belvedere.at, TBA21 Thyssen-Bornemisza Art Contemporary – Augarten, Scherzergasse 1, 1020 Wien, www.tba21.org

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links