By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション 2015年3月号 最新情報:ウィーン・ビエンナーレ2015 - 変革へのアイデア

様々な分野に広がり、創造的な芸術性と経済性を結び付けるのが、ウィーン・ビエンナーレ2015です。変革へのアイデアをモットーに、時代の中心的テーマに対する新たな視角を切り拓き、より良い社会への変革を促進するのが目標です。その焦点はデジタル・モダン。デジタル化の社会的・文化的インパクトは、産業革命にも匹敵するものと考えられるからです。プロジェクトを開発したのは、ペドロ・ガダーニョ(ニューヨーク近代美術館キュレーター)、ペーター・ヴァイベル(カールスルーエ・アート・アンド・メディア・センター所長、ウィーン応用美術大学教授)、マリア・リンド(ストックホルム・テンスタ・コンストハル・ディレクター)、ハラルド・グリュンドル(EOOSパートナー、IDRVウィーン・デザイン・リサーチ研究所長)の4人の国際的キュレーターたちです。

ウィーン・ビエンナーレ2015の展覧会プロジェクトは、市内の様々なロケーションで紹介されます。MAKオーストリア応用美術・現代美術館、クンストハレ・ウィーン、ウィーン応用美術大学の「応用イノベーション・ラボラトリー」、ウィーン建築センター、更に公共の空間がステージとなります。テーマは未来の中心的問題で、社会変革のモーターとしての美術、デザイン、建築の役割、都市構造の発展に加え、高齢化社会、公共空間における美術の新たな役割など社会学的課題も追求されます。

ウィーン・ビエンナーレ2015は、MAKオーストリア応用美術・現代美術館のイニシャチブから始まりました。MAKがウィーン応用美術大学、クンストハレ・ウィーン、ウィーン建築センター、ウィーン経済エージェンシーの部門「デパーチャー」と共同し、更に大学外研究パートナーたるオーストリア技術研究所の支援を受けて実現したものです。

Vienna Biennale 2015: Ideas for Change

ウィーン・ビエンナーレ2015 - 変革へのアイデア
2015年6月11日〜10月4日 

www.viennabiennale.org

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links