By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション 2014年5月号 ビデオ:ウィーンの職人技

ビデオダウンロード(MP4, 93 MB)

バイオリン制作者ベルベル・ベリングハウゼンは、伝承されてきた手法による職人技を信条としています。ウィーン5区に工房を構え、一切機械を使わず2〜3ヵ月をかけて貴重なバイオリンを制作しています。彼女は自らの設計あるいは歴史的巨匠のモデルに従ってのバイオリンを作ります。楽器を保護するためのニスも、彼女は古いレシピによって自作します。

パステルトーンのコップや皿、繊細な透かし模様のランプ、愛らしい飾り付きのキャンドルホルダーなど。磁器工房ファイネ・ディンゲの作品は100パーセント手作りです。まず石膏型に流し込み細部を整え素焼きし、その後、研磨して釉薬を施し、再度焼き上げます。サンドラ・ハイシュベルガーのデザインは清楚で、滑らかな表面は極めて快い肌触りです。彼女は、歴史の中に様々なフォルムを求め、そこから磁器作品へのインスピレーションを得ています。

帽子工房ミュールバウアーの作品も、ほとんど手作りで仕上げられます。機械は最低限の補助として使用されるだけです。帽子作りには複雑な工程があります。出発点となるフェルトを強化し、蒸気をかけて引き伸ばし、成型してから乾燥させ、アイロンとブラシで形を整えます。帽子本体が完成すると、デザインに応じて、リボン、ボタン、バックル、飾り羽根などを取り付けます。1903年創業の家族経営会社で、4代目に当たるクラウス・ミュールバウアーが2001年以来、社長をつとめています。彼が職人技で仕上げる多彩な帽子は、国際的にも大きな成功を収め、ブラッド・ピット、メリル・ストリープ、マドンナなどにも愛用されています。

1816年創業の伝統を誇る旧市街の高級靴専門店シェールは、1990年代半ばからマルクス・シェールが経営しています。同店の靴作りには、最低60時間が必要です。完璧な靴制作には、まず、お客様との綿密な話し合いから始まり、寸法取り、木型彫り、試作、枠縫い、数回に及ぶクリーム塗り込みまで、数多くの手作業があります。19世紀後半のシェールは、ヨーロッパで最も重要な高級靴専門店のひとつに発展、1878年には「皇帝家御用達」の称号を得ています

  • Geigenbaumeisterin Bärbel Bellinghausen バイオリン制作者ベルベル・ベリングハウゼン, Hamburgerstrasse 7/25, 1050 Wien, www.bellinghausen.at
  • feine dinge ファイネ・ディンゲ, Porzellanmanufaktur, Krongasse, 1050 Wien, 2014年5月末以降: Margaretenstrasse 35, 1040 Wien, www.feinedinge.at
  • Mühlbauer Hutmanufaktur 帽子工房ミュールバウアー, Seilergasse 10, 1010 Wien, www.muehlbauer.at
  • Scheer Schuhe 靴専門店シェール, Bräunerstrasse 4, 1010 Wien, www.scheer.at

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links