By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション 2014年3月号 5年連続、世界で最も生活の質が高い都市に選ばれたウィーン

国際コンサルティング企業マーサーは毎年、世界223の都市を対象に、生活水準調査を行っています。このたび発表された調査結果でウィーンは、既に連続5年、様々な基準から世界で最も住みやすい都市に選ばれています。第2位はチューリヒ、第3位はオークランドでした。マーサーの生活環境調査で評価基準となるのは、政治的、社会的、経済的環境、医療制度、教育制度、交通機関や電気・水道などのインフラストラクチャーです。加えて、レストラン、劇場、映画館、スポーツ施設、食料品から自動車に至る消費物資の豊富さ、緑地面積から大気汚染度まで環境保護も重視されます。

ヨーロッパ・スマートシティ・ランキングで、ウィーンは、前年度の第4位から3へ上昇、これに続くのはバルセロナ、パリ、ストックホルムです。アメリカの気候ストラテジストであるボイド・コーエンが実施したスマートシティ比較調査で、第1位と第2位を占めたのはコペンハーゲンとアムステルダムです。最も先進的で環境保護と持続可能性に優れた都市リストは、2014年1月、専門誌「Co.Exist」に公表されました。スマートシティとは、資源を知的かつ効果的に活用し、最新技術を導入し、生活水準を高め、環境保護の実績をあげている都市のことです。

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links