By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション 2013年7月号 日本人建築家によるウィーンの新たな大学キャンパス

総面積約10万に上る新たな経済大学キャンパスが正式にオープンするのは2013104日です。世界のトップに立つ建築家と建築事務所によって設計された最新水準のウィーン経済大学では、25000人以上の学生が学び、約1800人の大学スタッフが働きます。キャンパスは、プラーターの見本市会場から近い最新の都市開発ゾーンにあり、地下鉄U2の駅に隣接しています。ザハ・ハデッド設計の中央図書館&ラーニング・センターを、5つの建築群が囲んでいます。これらの建築群は、CRABスタジオ(ロンドン)、阿部仁史アトリエ(仙台)、UBSアーキテクチャー(ウィーン)、エストゥディオ・カルメ・ピノス(バルセロナ)、NO.MADアーキテクトス(マドリード)が設計したものです。

ウィーン経済大学の新キャンパスは、緑の建築コンセプトに基づいて建設されています。冷暖房の70パーセント以上は地熱発電(地下水)を利用、全ての建物には、外光量に基づく自動照明装置が備えられています。屋上は可能な限り緑化し、太陽光発電パネルが設置されています。経済大学キャンパスの公的空間は、保養・体験ゾーンとして構成されています。加えてレストランやカフェなど飲食施設、パン屋、スーパーマーケット、幾つかの書店、幼稚園、スポーツセンターもオープンします。

Campus WU

ウィーン経済大学キャンパス
Welthandelsplatz 1, 1020 Vienna
www.campuswu.at

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links