By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション 2013年7月号 2013年度ウィーン現代音楽祭

今年のウィーン現代音楽祭は20131024日にスタート、コンツェルトハウスでの開幕コンサートには、ユニークな3つの作品が演奏されます。まず、今年の重点作曲家であるペーテル・エトヴェシュの「大空を行く鷲の滑空」が紹介され、次いでサルヴァトーレ・シャリーノの「黒い湖にて」、さらにルイジ・ノーノの代表作「断ち切られた歌」が演奏されます。この作品は、第二次大戦中、ヨーロッパ全土でレジスタンス運動に参加し虐殺された若者たちの別れの手紙をベースとしています。オーケストラはウィーン放送交響楽団、指揮はコルネリウス・マイスターです。

もちろん、音楽祭期間中のコンサートでも、ペーテル・エトヴェシュの作品が登場します。ハイライトは、エトヴェシュのオペラ「パラダイス・リローデッド(リリス)」初演、南西ドイツ放送交響楽団による「オーケストラのためのゼロポインツ」、そして、最終日の20131115日にも、エトヴェシュ作品が登場します。

指揮者クラウディオ・アッバードが創設した「ウィーン現代音楽祭」は、1988年以来、現代音楽をテーマとしています。毎年秋には、現代作曲家の最新作の数々が、コンツェルトハウス、楽友協会を中心に、ウィーン市内のユニークな会場で演奏されます。ここでは現代音楽を軸として、パフォーマンス、造形美術、映画、ビデオなども紹介されます。

Wien Modern

ウィーン現代音楽祭
2013年10月4日〜11月15日

www.wienmodern.at

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links