By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション – 2013年3月号 2013年度ウィーン芸術週間

ウィーン芸術週間の開幕式2013510日)は市庁舎前広場で開催され、入場無料。「ウィーン、かけがえのないウィーン?」をモットーに、アンゲリカ・キルヒシュラーガー、エルンスト・モルデン、フィルハーモニア・シュランメルン・ウィーン、ミヒャエル・シャーデなどが登場。ウィーン芸術週間の一環として開催される国際音楽祭では、毎年、世界トップのオーケストラ、指揮者、ソリストが、数々の重要な作品を演奏、コンサート・シーズンのハイライトとなります。

2013年度のウィーン芸術週間はジュゼッペ・ヴェルディ生誕200周年を記念して、芸術と権力の相互関係がプログラムの中心テーマです。芸術週間ヴェルディ三部作の締めくくりを飾るのは「イル・トロヴァトーレ」で、映画やオペラを手掛けるフィリップ・シュテルツル監督のもと、イスラエルの若手指揮者オメール・メイア・ヴェルバーがタクトを振ります。

マーティン・クリンプのテキストにジョージ・ベンジャミンが作曲したオペラ「リトゥン・オン・スキン」は、2012年度エクサンプロヴァンス音楽祭でセンセーショナルな大成功を収め、いよいよウィーンにも登場します。音楽劇プロジェクト「ジョイン!」「死者のバラード」初演は、ウィーンの先進的でクリエーティブなアーチストにも、卓越したステージを提供しています。「イントゥー・ザ・シティー」シリーズでは「音楽と政治」をテーマに、現代における音楽の社会的意味を探ります。

演劇部門では、ミロスラヴ・クルレジャの「断末魔」が、マルティン・クージャイの演出で上演されます。クルレジャは、ユーゴスラヴィア文学における最も重要な作家のひとりで、彼の三部作は、第一次大戦における古きヨーロッパの没落を描いています。クリストフ・マルターラーは、ユニークな音楽劇プロジェクト「最後の日々、前夜」の舞台に、国会議事堂の歴史的な会議室を選びました。ここでは、音楽家、歌手、俳優が、1914年以降のヨーロッパ政治と対峙します。「ウィーンの子供たち、あるいは、ハウエヴァースティルアライヴ」は、ユダヤ系作家ロベルト・ノイマンの風刺小説に基づく新演出で、戦争直後1946年のウィーン、ある地下室が舞台です。ここで5人の子供たちが恐怖の共同生活をおくりつつ、同時にアナーキーな自由をも体験します。

  • Wiener Festwochen ウィーン芸術週間, 2013年5月10日〜6月16日, www.festwochen.at
  • Internationales Musikfest 国際音楽祭 ウィーン芸術週間の一環プログラム, 2013年5月11日〜6月29日, Wiener Konzerthaus, Lothringerstrasse, 1030 Vienna, www.konzerthaus.at

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links