By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション – 2013年3月号 ウィーンのユニークな宿泊施設

架空の人物のプライベートな住まいとして内装された宿泊施設は、シェ・クリシェが経営しています。例えば、元騎手ラウルの住まいでは、皮革と木のインテリア、サドルなどが置かれ、馬の好きな人たちを喜ばせます。スチュワーデスのベラの住まいには、世界各国から持ち帰った旅の記念品の数々が飾られています。演出家コロマンのところでは、室内が舞台のように内装されています。8つのアパートメント(40㎡以上)は丁寧に内装され、いずれも中心地にあります。ここに宿泊すると、まるでウィーンの友達のところに泊まっているような気分になります。シェ・クリシェでは、希望者のため、お勧めレストラン・リストを提供、またコンサート・チケットの手配もいたします。

使われていない店舗をホテルの客室に改装したのはアーバノーツ・ストリート・ロフトです。道路に面した空き店舗を宿泊施設にするというコンセプトは、コールマイヤー、ルッター、クナップの建築家トリオの創造です。約25㎡の店舗がホテルの客室に改装され、ショーウィンドーの部分は精巧なブラインドシステムで内部を保護し、中からは通りが見られるよう工夫されています。内装担当のデザイナーによって、周辺地域との結び付きも表現されています。更に宿泊料金には、滞在期間中の貸し自転車2台の料金も含まれています。

ひとつの地区に散在するホテル・アーバノーツは、分散されたホテルの客室であり、周辺の店舗がサービス施設となります。例えば、隣りのカフェが朝食ルームとなり、向かいのハマームがウェルネスゾーン、角のバーがホテルバーというわけです。これら「サービス施設」を示す地図は、各客室に備えられています。ウィーン最初のストリート・ロフト「お針子」は2011年夏、ウィーン4区のトレンディなフライハウス地区にオープンしました。2013年には、その近くに更に3つのストリート・ロフトがオープンします。

  • Chez Cliché シェ・クリシェ, www.chezcliche.com
  • Urbanauts Street Loft « Die Schneiderin » アーバノーツ・ストリート・ロフト「シュナイダリン」, Theresianumgasse 35, 1040 Vienna, www.urbanauts.at

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links