By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション 2012年11月号 ビデオ:地下鉄や市電、バスでウィーン探訪

ビデオのダウンロード (mp4, 94MB)

ウィーン市内のすべての道路の37パーセントに、公共交通機関が運行しています(その他の29パーセントはマイカー、28パーセントは徒歩、6パーセントは自転車で通行可能)。これは大都市にとって非常に喜ばしい数字であり、卓越した公共交通機関によるものです。モビリティ調査研究によれば、ウィーンに住む全世帯の三分の二で、少なくとも家族の1人が常時、公共交通機関を利用しています。ウィーン市民にとりわけ人気が高いのは地下鉄で、ラッシュアワーにも、マイカーに代わる「市民の足」として利用されています。

ウィーン市交通局の地下鉄5路線、市電28路線、バス90路線は、全長937キロメートルの運行網で、毎日240万人の乗客を運んでいます。2020年までには、毎年延べ10億人が市交通局の交通機関を利用する見込みです。様々な路線の持続的延長と環境保護への投資は、最も重要な基本方針となっています。2013年末には地下鉄U44駅延長され、都市開発地域であるゼーシュタット・アスペルンに到達します。すでに20109月から、ウィーンの地下鉄は週末(金曜と土曜)および祝日前夜に終夜運行するようになりました。夜間の地下鉄は15分間隔で運行、追加料金なしの通常料金で利用できます。1995年以来運行しているウィーンの夜間バス路線は、地下鉄の終夜運行と調整されています。

旧市街を走行するバス路線は2013年夏から完全電化されます。「エレクトリシティバス」は、屋根に取り付けられた集電装置によって充電します。充電ステーションは終点の停留所にあり、起動・停止は押しボタンで行います。この環境に優しいバスは、ブレーキ稼働で得られるエネルギーを蓄電装置に送り込みます。地下鉄と市電の新型車両でも、ブレーキ・エネルギーが回収され、節電効果を高めています。

公共交通機関を利用するウィーン観光に最も便利なのがウィーン・カードです。オーストリア自動車クラブと17のパートナークラブが、16のシティカードについて201210月に実施した比較調査で、ウィーン・カードの優秀性が実証されました。19.90ユーロのウィーン・カードは、ウィーン市交通局のすべての交通機関に有効な72時間フリーパスとなり、博物館・美術館、ホイリゲ、カフェなどで210以上の特典があります。公共交通機関のチケットのみ利用したいという方々のためには、地下鉄駅の自動販売機が11ヵ国語でご利用いただけます。

www.wienerlinien.at

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links