By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション 2012年6月号 Kunsthistorisches Museum(美術史博物館)のエド・ルシェ展

Kunsthistorisches Museum(美術史博物館)では2012年から、最新のモダンアートをテーマとする特別展シリーズが始まります。国際的に活躍するアーチストがKunsthistorisches Museum(美術史博物館)に招待され、彼らは、これまでの作品と委嘱作品を展示し、これを美術史博物館の歴史や所蔵品と対置するのです。シリーズのスタートは2012925日から、国際的に知られるアメリカの画家エド・ルシェが主役です。ルシェは、これまで一度もオーストリアに自作を紹介したことがありません。美術史博物館での特別展と並行して、ブレゲンツのクンストハウスでは、ルシェの個展も開催されます(20127月から)。

エド・ルシェは1937年、ネブラスカ州のオマハに生まれ、オクラホマシティで育ちました。1956年ロサンゼルスへ移り、今も、ここに住んで創作活動をしています。この街は、彼の絵画、スケッチ、グラフィック作品、写真、美術書などに、今日に至るまで大きな影響を与え続けています。彼の作品は、コマーシャルにおける言葉遊び、自動車文化、都市の建築などをテーマとしており、このため、1962年にパサデナ美術館で開催された画期的な展覧会「ニュー・ペインティング・オブ・コモン・オブジェクツ」にも展示されました。これは、アメリカのポップアートを一望する美術館の最初の展覧会だったのです。2005年には、ヴェネチアのビエンナーレで、ルシェがアメリカ代表となっています。彼の作品群は、ニューヨークのホイットニー美術館(2004年)、パリのジュ・ド・ポーム美術館など、各地の回顧展で紹介されています。最新の移動展覧会は「エド・ルシェ50年の歩み」で、2009年と2010年に、ロンドンのヘイワード・ギャラリー、ミュンヘンの芸術の家、ストックホルム現代美術館で順次開催されました。

Ed Ruscha. The Artist's Mind

エド・ルシェ展 アーチスト・マインド
2012年9月25日〜12月2日

Kunsthistorisches Museum
Maria-Theresien-Platz,1010 Vienna
www.khm.at

Ed Ruscha, Wanze, 1967, Schießpulver, trockenes Pigment und Graphite auf Papier

エド・ルシェ、カメムシ、1967年、紙に火薬、乾燥ピグメント、グラファイト

写真データのダウンロード

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links