By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション 2012年3月号 地下鉄で美術鑑賞

オーストリアのマルチメディア・アーチストとして名高いペーター・コグラーによる地下鉄アートは、彼の最新の委嘱作品です。シルクスクリーンの技法を用いた彼のガラスパネルは、20122月末から、カールスプラッツ地下鉄駅の広い地下通路の一角に見られます。

壁と天井を組み込んだ常設インスタレーションは、コンピューターで描き出された管をネットワーク化した壁紙状のもので、幾つかの路線が乗り入れる重要な乗換駅としての機能を象徴しています。毎日20万人以上の人々が利用し、都市交通の結節点であるカールスプラッツ駅は抜本的に改修され、コグラーの作品も、その構成要素となります。

広域にわたる地下通路システムは、地下鉄U1U2U4の乗り換え通路であると同時に、リンク大通りとカールスプラッツの広場を結ぶ歩行者用の通路なのです。2010年から始まったカルチャーパッセージ・カールスプラッツのプロジェクトは、2013年に終了の予定です。この大規模な改築・改修工事が完了すると、地下通路は一層明るく利用しやすくなり、さらに、周辺のウィーン・ミュージアム、キュンストラーハウス、セセッシオン、クンストハレなどにアート展示スペースを提供します。

1990年代からウィーン地下鉄の公共空間は、美術作品の重要な展示スペースとなりました。カルチャー路線の別名をもつ路線U3では、着工当時から美術的要素が考慮され、21駅のうち11の駅施設に美術作品が組み込まれています。
ウィーン幻想派を代表する画家アントン・レームデンは、フォルクステアター駅に、360 m²の大規模なモザイク画を制作しました。毎日10万人の人々が利用するU3のウェストバーンホーフ駅では、オーストリアの画家アドルフ・フローナーが「約55歩で行くヨーロッパ」を制作しています。これは40メートルの長さに動物の進化から近世にいたる人類史を表現したものです。ラントシュトラーセ駅の通路はオスワルト・オーバーフーバーのグラフィティ・アートで飾られ、シュヴェーグラーシュトラーセ駅では、ナム・ジュン・パイクのビデオ・インスタレーションが印象的です。

交通機関の施設にも芸術を取り入れることは、ウィーンの長い伝統となっています。今日の地下鉄の前身であるウィーン・シュタットバーンは、世紀末オーストリアの最も重要な建築家オットー・ワーグナーが設計し、19世紀末に着工されました。ワーグナーは、橋梁や駅舎などのみならず、駅名表示、手すり、照明などの細部をもデザインしています。この統一された美学的構成によって、シュタットバーンは総合芸術となったのです。

ウィーン市交通局編纂による冊子「ウィーン地下鉄アート」は、施設を飾る現代美術、工事中に発見された考古学的出土品、時代を超越した駅舎の建築美などを紹介しています(ドイツ語版のみ)。ウィーン市交通局の案内所で入手可能です。 (www.wiener-linien.at).

 

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links