By using our website, you are agreeing to cookies being stored and Google Analytics being used on your device in order to offer the best possible service. You can find more information on this here.

B2B service for the tourism industry To website for visitors to Vienna
Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

ウィーン・プレスインフォメーション 2012年1月号 グリーン・アニバーサリー

リンク大通りに面した市立公園はウィーン最古の公共の公園で、1862年、皇帝フランツ・ヨーゼフI世によって開設されました。同じ年には、公共の公園・庭園の手入れを専門とする造園局も設立され、今日に至っています。造園局のオフィスは当初ウィーン市庁舎にありましたが、1906年からは市立公園(シュタットパーク)に隣接する建物が造園局となっています。現在、1700人の専門職員がウィーン市内880の公園・庭園を管理しています。

1911/12年、ウィーンの造園局はドナウ川の左岸、22区のカグランにオランジェリーを建設しました。これは画期的な出来事でした。それ以前のオランジェリーは、もっぱら王侯貴族や上流市民が、寒さに弱い植物の越冬のため建設したものだったからです。カグラン・オランジェリーは公共の施設として、最初で最後のものです。現在、ユーゲントシュティールの美しい建物は、オーストリア造園博物館となっています。記念すべき年に際して博物館には、1870年代の市立公園がインドアサイズのミニチュア模型として再現されます。特別展は201245日開幕です。

ウィーンの市立公園・庭園150周年を祝うイベントは、すでに2012113日から始まります。この日にはウィーン市庁舎で花の舞踏会が催され、今年のテーマは「公園都市ウィーン」です。つまり今年は、とりわけ美しい花のデコレーションが見られるのです。夏には市立公園で2日間の記念イベントがあります。2012616日と17日にファミリー・フェスティバルが開催され、木登り、遊戯、ピクニック、音楽などのプログラムに加え、市立公園・庭園に関する豊富なインフォメーションが提供されます。

ウィーン市内の幾つかの公園・庭園は、ウィーン市造園局の管轄ではありません。皇帝家の庭園施設であったアウガルテン、ベルヴェデーレ庭園、王宮庭園、シェーンブルン庭園などは1918年、王朝の終焉とともに連邦庭園となり、オーストリア共和国の国家財産となっています。

  • 90. Blumenball, 第90回花の舞踏会
    2012年1月13日, Rathaus, 1010 Vienna, www.blumenball.at
  • Sonderschau im Österreichischen Gartenbaumuseum造園博物館の特別展覧会
    2012年4月5日より, Siebeckstraße 14, 1220 Vienna
  • Fest 150 Jahre Wiener Stadtgärtenウィーン市立公園・庭園150周年記念式典
    2012年6月16日〜17日, Stadtpark, 1010 Vienna
Stadtpark mit Wienfluss

市立公園とウィーン川
写真データのダウンロード

コンタクト:

ウィーン市観光局
国際メディア部 日本担当
Vienna Tourist Board
Verena Hable
Tel. (+ 43 1) 211 14-363

Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title
Service links