新解釈によるヴォイツェック

写真データのダウンロード こちら

ヴォイツェック&ザ・タイガー・リリーズ

 

 

 

 

 

ゲオルク・ビュヒナーの戯曲はフラグメントのまま遺されました。これまで様々な解釈で上演されてきましたが、今回の公演は、従来に無いユニークなものです。今回の新作では、ビュヒナーの断片に既に存在した幾つかの音楽要素を出発点としています。ただし音楽部分は、バンド「ザ・タイガー・リリーズ」の病的な旋律によって拡張されています。

舞台と音楽の進行によって観客は、ある追い詰められた人物の言動を目の当たりにします。この人物は加害者なのですが、本質的には真の被害者であり、社会によって追い詰められ、殺人犯という被害者になるのです。この殺人事件の発生過程は「タイガー・リリーズ」の歌とテキストによって、新たな恐るべきディメンションを獲得します。外界はブラスバンドによって表現され、見る人々を、年の市のような魔術的で残酷な世界へと引き込みます。
 

Woyzeck & The Tiger Lillies

ヴォイツェック&ザ・タイガー・リリーズ
2011年9月24日〜10月15日
MuseumsQuartier, Halle E
Museumsplatz 1, 1070 Vienna
www.halleneg.at

 

Teilen, bewerten und Feedback
Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title