ハリウッド・イン・ヴィエンナ

写真データのダウンロード こちら

ハリウッド・イン・ヴィエンナ

 

 

 

 

 

 

映画音楽のため、赤じゅうたんが広げられます。「ハリウッド・イン・ヴィエンナ」では映画史上の古典から最新作まで、映画音楽の名曲が紹介されます。演奏するのはウィーン放送交響楽団、ジョン・アクセルロッドが指揮します。
第一部は「音楽が生み出す魔法の世界」。異星人との飛行(「
E.T.」)、ドラゴン乗り(「ヒックとドラゴン」)、ネバーランドのピーター・パン(「フック」)など。ハイライトはパトリック・ドイルの登場で、ハリー・ポッター映画のための彼の音楽を披露します。ブルース・ブロートンのメロディは、ディズニーの世界を生き生きと蘇らせます。
続いて、多くのハリウッド名画に作曲している映画音楽の巨匠、アラン・シルヴェストリにマックス・スタイナー映画音楽功労賞が贈られます。彼がスティーブン・スピルバーグやロバート・ゼメキスの映画に作曲した作品は、世界的名声を獲得しています(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ベオウルフ」「ポーラー・エクスプレス」「フォレスト・ガンプ」)。

賞の名称となっているマックス・スタイナー(
18881971)はウィーン出身の作曲家で、ハリウッド映画史上、最も成功を収めた作曲家です。彼が音楽を担当した映画には「キングコング」「風とともに去りぬ」「カサブランカ」などの名画が含まれます。ガラコンサートにはハープ奏者のグザヴィエ・ド・メストレとウィーン・ジングアカデミー合唱団が出演、俳優のゲデオン・ブルクハルトがプログラムの司会を務めます。

Hollywood in Vienna 2011

ハリウッド・イン・ヴィエンナ
2011年9月23日
Wiener Konzerthaus
Lothringerstraße, 1030 Vienna
www.hollywoodinvienna.com
www.konzerthaus.at

 

Teilen, bewerten und Feedback
Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title