ベスト・オブ・ヴィエンナ:ユーゲントシュティール様式

アンカー時計

 

 

 

 

 

 

 

芸術潮流としてのユーゲントシュティールは20世紀直前から初頭の時期に発展しました。それは歴史主義を克服した時代であり、現代美術の黎明期でした。ウィーンのユーゲントシュティールは、分離派およびウィーン工房と密接に結び付いています。分離派は因習的な芸術解釈から離れて新たな地平を求めた芸術家グループであり、ウィーン工房は美術と工芸を結集し、総合芸術を目標に掲げたのです。
ウィーンのユーゲントシュティールは分離派様式(
セセッシオンスタイル)としても知られ、とりわけ独自の展示会場における展覧会で、その精髄を発揮しました。1897/98年にヨーゼフ・マリア・オルブリッヒの設計で、ナッシュマルクトのそばに建てられた分離派会館は、現代美術を専門とした中欧最初の展覧会場で、現在もグスタフ・クリムトの名作「ベートーヴェンフリース」を展示しています。
分離派様式(
セセッシオンスタイル)の典型に数えられるのは、建築家オットー・ワーグナーが設計した一連の建築で、その到達点は幾何学的な構成を中心に据えたユーゲントシュティールのバリエーションでした。ワーグナーの代表作は、ウィーンツァイレ通りの住宅、リンク大通りの郵便貯金会館シュタットバーン都市交通)の駅舎や高架線と橋梁、名高いシュタインホーフ教会などです。これらの建築には、大理石、ガラス、タイル、金属部品やプレート、カラフルな漆喰装飾、黄金の装飾など、ウィーンのユーゲントシュティールを特徴付けるオーナメントが見られます。
第一次世界大戦と
1918年の王朝崩壊が、ウィーンのユーゲントシュティールに終止符を打ちました。

 


32481, Jugendstilhaus: Wienzeile, Majolika-Haus写真データのダウンロード こちら

ユーゲントシュティール:ウィーンツァイレ通りの住宅

Secession

分離派会館(セセッシオン
Friedrichstraße 12, 1010 Vienna
www.secession.at

Wohnhäuser an der Wienzeile

ウィーンツァイレ通りの住宅
Linke Wienzeile (ナッシュマルクト横), 1060 Vienna

Postsparkasse

郵便貯金会館
Georg-Coch-Platz 2, 1010 Vienna
www.ottowagner.com

Stadtbahn-Pavillons

シュタットバーン駅舎パビリオン
Karlsplatz, 1040 Vienna + Schönbrunner Schlossstraße, 1130 Vienna
www.wienmuseum.at

Kirche am Steinhof

シュタインホーフ教会
Baumgartner Höhe 1, 1140 Vienna

 

Teilen, bewerten und Feedback
Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title