ワインのための音楽

Weinkultur, Wiener Heurigen, Weingläser写真データのダウンロード こちら

 

 

 

 

 

 


ソノール・ワイン」を発明したのは、ウィーンのホルン奏者マルクス・バッハマンで、彼はワイン作りの専門家としても活躍しています。既に発酵過程のワインは、音楽による音波の作用で高級化されるということです。バッハマンによれば、スチール製のタンクの中では、音波が引き起こす微波動によって、生化学的変化が進行します。この変化過程で糖分は少なくなり、一層飲み心地の良い優れた味わいが生み出されるということです。

演奏される曲によって、ワインには様々なニュアンスが生まれるそうです。基本的には、交響曲、狩りの音楽、ワルツ、ポルカ、ウィーン独特のシュランメル音楽など、いかなる音楽も投入可能です。クロスターノイブルクにあるワイン作り専門学校では、グリューナー・ヴェルトリーナーについて試験が行われました。高級ワインの生産者、ウィーンのペーター・ウーラーとフランツ・ミヒャエル・マイヤーも既にこのノウハウを活用しており、彼らは「ソノール・ワイン」の第一世代と呼ばれています。

Sonor Wines

ソノールワイン
www.sonorwines.com

Franz-Michael Mayer

フランツ・ミヒャエル・マイヤー
www.fm-vitikultur.at

Peter Uhler

ペーター・ウーラー
www.weinuhler.at

 

Teilen, bewerten und Feedback
Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title