ベスト・オブ・ヴィエンナ:ホイリゲ

写真データのダウンロード こちら

ウィーンのホイリゲ

 

 

 

 

 

 

ウィーンはオーストリアの首都であるばかりでなく、独自のワイン生産地です。230のワイン生産者が、毎年170万リットルのワインを生産、伝統的なホイリゲ(ワイン居酒屋レストラン)で供されます。
ホイリゲは「ブーシェンシャンク」とも呼ばれ、ワインと語らいを楽しむ人生のオアシスです。こうした居酒屋は、市街地周辺部のブドウ畑近くにあり、グリューナー・ヴェルトリーナー、ゲミッシュターザッツ、シャルドネ、ブラウアー・ツヴァイゲルトなどのワインに加え、多彩な料理が供されます。
ホイリゲを楽しむ理想的な季節と時間帯は、夏の爽やかな夜で、緑豊かなテラスに座り、ブドウ畑と市街地を見渡しながら至福のひとときを過ごすことができます。

ウィーンのホイリゲは、独特の看板や赤松の枝の束を道に出し、これを営業中の目印としています。こうした居酒屋では、ウィーン産の自家製ワインのみが供されます。ホイリゲの営業権は、1784年、皇帝ヨーゼフII世の勅令によるものです。この勅令では、ブドウ作り農家に、自家製ワインのみ販売することが許可されました。加えて「ホイリゲ」という言葉には「当年産」という意味があります。つまり、聖マルティヌスの日(1111日)に開封してから1年間の新酒で、翌年の同日からは古酒となります。

写真データのダウンロード こちら

ウィーンのホイリゲ

 

 

 

 

www.wienerwein.at

Teilen, bewerten und Feedback
Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title