天才画家の2つの特別展

写真データのダウンロード こちら

ハンス・マカルト「アリアドネの勝利」, 1873-74
キャンバスに油彩
476 x 784 cm
ウィーン・ベルヴェデーレ

 

 

 

201169日には、画家ハンス・マカルトをテーマとする2つの特別展がスタートします。ベルヴェデーレでは、ウィーン・ミュージアムとの共同で特別展「マカルト:感性の画家」が開催され、ウィーン・ミュージアム独自の特別展としては、キュンストラーハウスで「マカルト:街を統治した画家」が紹介されます。
ハンス・マカルトは他のどんな芸術家にもまして、19世紀の一時代を特徴づけ、そのシンボルとなり、「マカルト時代」を生み出して、歴史に名を残しています。将来を嘱望される若き画家として、皇帝家からウィーンに招聘され、たちまちのうちに巨匠としての地位を確立しました。彼の絵画は、上昇期の市民階級から愛され、やがて社会的認知や名声の基準となりました。

マカルトは、大工業時代の出発点において、自己の作品と美学を普及させる新たな可能性を、極めて効果的に利用したのです。画面に描かれた世界は、マカルトのトレードマークであり、時代を映し出す鏡として、国内外で注目されるようになりました。彼はリヒャルト・ワーグナーのオペラを絵画的見地から詳細に研究しています。これは、新たな芸術的発展方向に対するマカルトの直感力を示すものです。また、建築家ゴットフリート・ゼンパーの設計の数々は、マカルトに建築的ファンタジーへのインスピレーションを与え、さらに総合芸術への関心をかきたてるものでした。

ウィーン・ミュージアムは、キュンストラーハウスを会場とする特別展で、画家と当時の市と社会の関係を焦点に据えます。ユニヴァーサルな芸術家、極めて影響力のある「デザイナー」としてマカルトは、絵画のみならず、オペラ、演劇、居住文化、ファッションなど多くの分野で、リンク大通り時代に大きな影響を与えました。マカルト・スタイルの結晶であり特別展の焦点は、彼のアトリエです。それは芸術家にとって、表現芸術と自己演出の舞台だったのです。ここでは、マカルトのウィーン時代における代表作など、様々な作品が紹介されます。こうした作品は、内装、劇場の幕、ファッションや建築、インテリアなどの手本となったのです。

Makart. Maler der Sinne

マカルト — 感性の画家
Belvedere, Unteres Belvedere
Rennweg 6, 1030 Vienna
www.belvedere.at

Makart - Ein Künstler regiert die Stadt

マカルト — 街を統治した画家
主催:Wien Museum 会場:Künstlerhaus
Karlsplatz 5, 1010 Vienna

www.wienmuseum.at

 

Teilen, bewerten und Feedback
Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title