ウィーンのロマンチックなスポット

写真データのダウンロード こちら

 

 

 

 

 

 

 

入り組んだ小路、回廊をめぐらした中庭、荘重な宮殿など。旧市街には、濃厚なロマンの香りが漂います。ドナウメトロポールと呼ばれるウィーンの最も古い部分はシュテファン大寺院周辺で、細い通りには昔ながらの石畳が見られます。例えばブルートガッセからドームガッセの辺りを歩けば、遠い過去の日常が髣髴と浮かび上がります。7区のシュピッテルベルク地区にも、ロマンチックな散策ルートがあります。この区域には、愛らしいビーダーマイヤー時代の民家が良く保存されています。

淡い憧れが心を満たすは、ウィーンが特にロマンチックな季節です。プラーターの並木道ではマロニエの花が再び開花します。市民庭園では数千本のバラが咲き、王宮前広場や市内の公園でライラックが花盛りとなれば、風とともに甘い香りが流れ、道行く人を喜ばせます。ウィーンでは、徒歩での散策に加え、フィアカーと呼ばれる辻馬車に乗れば、とりわけロマンチックな情緒を味わうことができます。

緑の自然に包まれたいという方々は、郊外区と呼ばれる市街周辺部へお出かけください。19区のブドウ畑やウィーンの森で小鳥の声に耳を傾け、丘陵から市街地の美しいパノラマを眺めましょう。

次の目的地はホイリゲです。これはウィーン独特のワイン酒場で、あらゆる年齢層の人々に愛され、とりわけ若いカップルの巡礼地となっています。牧歌的な情緒を味わうには、ドナウ旧流でボートに乗りましょう。特に満月の夜のドナウ旧流は、幻想的でロマンチックな雰囲気に満ちています。

ロマンチックなワルツ愛好家は、ファッシング(カーニバル)期間中に数多く開催される舞踏会にお出かけください。ロマンチックなダンスの夕べは、市民庭園のタンツカフェでもお楽しみいただけます。星空のもとで、タンゴ、チャチャチャ、ブギなどを踊りましょう。ドナウを行く遊覧船でも、ダンスの夕べが開催されています。あるいは、ウィーンのロマンチックなロケーションで夢の結婚式はいかがでしょう。シェーンブルン宮殿、プラーターの大観覧車、オールドタイマーのトラム、エキゾチックな蝶が飛び交う蝶の家など、数々の魅力的な会場が揃っています。

Teilen, bewerten und Feedback
Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title