春を告げる音楽祭

1639, Musikverein写真データのダウンロード こちら

ウィーン楽友協会

 

 

 

 

 

 

ウィーンの春季音楽祭は、楽友協会とコンツェルトハウスで交互に開催され、今年度は楽友協会が舞台となります。2011326日から517日までの会期中には、トップレベルのアーチストが次々と登場します。トーマス・ハンプソンとニューヨーク・フィル、グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団、ギドン・クレーマーとザクセン・シュターツカペレ、ウィーン交響楽団、ウィーン放送交響楽団などが登場、ファビオ・ルイジ、コルネリウス・マイスターなどが指揮、ルドルフ・ブッフビンダーは、ベートーヴェンの5つのピアノ協奏曲を演奏し指揮します。 

2011326日のオープニング・コンサートでは、ヨハン・セバスティアン・バッハ、フランツ・リスト、オリヴィエ・メシアンの作品がプログラムを飾り、楽友協会の新しいパイプオルガンが初めて演奏されます。

春季音楽祭に続いて、イースター・シーズン(2011415日から25日)には、「イースターの響き」音楽祭が開催されます。ここでもプログラムは多彩で、フランシス・クープランのオペラ「カルメル派修道女の対話」が上演されるほか、アントニン・ドヴォルザーク、ヨーゼフ・スーク、レナード・バーンスタインの作品、さらにアレッサンドロ・スカルラッティとフランツ・リストのオラトリオも紹介されます。

オープニング・コンサートでは、今回初めてアン・デァ・ウィーン劇場が舞台となります。マグダレーナ・コジェナー、パトリシア・ペティボン、アネッテ・ダッシュなどの著名声楽家、ペーター・シュナイダー、マルティン・ハーゼルベック、リナルド・アレッサンドリーニなどの指揮者、ウィーン・フィル、ウィーン放送交響楽団、ウィーン・アカデミーなどのオーケストラが、最高レベルのコンサートとオペラを紹介します。焦点となるテーマは、死と破壊、信仰と儀式、破局と最終的な救済、つまり平和です。

写真データのダウンロード こちら

アン・デア・ウィーン劇場

Frühlingsfestival

ウィーン春季音楽祭
2011年3月26日〜5月17日
Musikverein
Karlsplatz 6, 1010 Vienna
www.musikverein.at

OsterKlang

イースターの響き
2011年4月15日〜25日
Theater an der Wien
Linke Wienzeile 6, 1060 Vienna
www.theater-wien.at

 

Teilen, bewerten und Feedback
Rate this article
Feedback to the vienna.info editorial team

Please complete all the mandatory fields marked with *.

Title *
Title