You are here:

ウィーン・プレスインフォメーション 2021年9月号 秋の舞台の幕が開く

国立歌劇場の理髪師

ウィーン国立歌劇場はウィーンのオペラ舞台のナンバーワンです。2021年/2022年シーズンに予定されている5つのプレミアの、1作品目の公演が9月末にジョアキーノ・ロッシーニのオペラ、 セビリアの理髪師 の新演出で行われます。ヘルベルト・フリッチュにより、コメディーオペラはまったく新しい舞台に生まれ変わります。(プレミア:2021年9月28日、公演日:2021年10月1日、4日、7日、10日、14日)

アン・デア・ウィーン劇場の3つのオペラ

アン・デア・ウィーン劇場では秋の公演スケジュールに3つのプレミア作品が予定されています。そのシリーズは9月にスタート。1600年の作品、エミリオ・デ・カヴァリエリ作、音楽監督ジョヴァンニ・アントニーニの寓話オペラ、Reppresentazione die Anima et die Corpo魂と肉体の代表でスタートします。(プレミア:2021年9月19日、公演日:2021年9月21日、23日、25日、27日、29日)

更に10月には1945年に初公開されたベンジャミン・ブリッテンの初の大オペラ、Peter Grimes(ペーター・グリメス)がオペラ賞受賞のクリストフ・ロイ演出で上演されます。(プレミア:2021年10月16日、公演日:2021年10月18日、20日、23日、25日)

11月にはアルフレード・カタラーニの歌劇 La Wally (ラ・ワリー)の新作のプレミアが予定されています。イザベラ・マトゥーラがタイトルロールを歌い、アンドレス・オロスコ・エストラーダがウィーン交響楽団を指揮します。(プレミア:2021年11月12日、公演日:2021年11月15日、17日、19日、22日、25日)

フォルクスオーパーのサッカー・オペレッタと薔薇の騎士

ウィーン・フォルクスオーパーは9月に、パウル・アブラハムのオペレッタ、Roxy und ihr Wunderteam (ロクシーと奇跡のチーム)で新たなスタートを切ります。チャルダッシュ、ジャズ、オペレッタの間の音楽演出はカイ・ティエトィエが手がけます。(プレミア:2021年9月11日、公演:2021年9月15日、20日、24日、28日、10月3日、9日、11日、14日、19日、23日)

リヒャルト・シュトラウスのもっとも有名な舞台作品がウィーンで上演されます。信じがたいことに2021年10月、薔薇の騎士が110年以来、初めてフォルクスオーパーで行われます。2019年にボンのオペラ座で初演、ヨーゼフ・ケップリンガーの華々しい演出の予定です。(プレミア:2021年10月31日、公演日:2021年11月4日、7日、11日、14日、17日、20日、23日)

For a printable versions of these images, please contact
https://www.volksoper.at/volksoper_wien/pressezentrum/szenenfotos/Szenenfotos.de.php

お待たせしました:ミス・サイゴン。ウィー・アー・ミュージカル!

9月26日、2年以上にわたる改築の期間を経てライムンド劇場が再びその幕をあけます。オープニング・ガラ「ウィー・アー・ミュージカル」では、ミュージカル世界の大ヒット作をもってお祝いが行われます(今後の公演日:2021年9月28日―10月3日)。

世界的成功を収めたミュージカル、ミス・サイゴンは2021年12月3日にウィーンで初演を迎えます。(出典:https://www.musicalvienna.at/en)

For a printable versions of these images, please contact www.vbw.at

Contact

Vienna Tourist Board
Matthias Schwindl
Media Relations
Tel. (+ 43 1) 211 14-361