Vienna Media News

Colorful tiles on the roof of St. Stephen's Cathedral in Vienna

You are here:

ウィーン・プレスインフォメーション 2019年11月号 ウィーン2020 音楽の都

ウィーンのクラシック音楽の豊かな遺産は音楽の都ウィーンで現在でも絶え間ない活力と多様性をもって息づいています。250年前も、そして今日でもウィーンは圧倒的な音楽の都です。ウィーンでは毎晩、1万人もの音楽ファンが国立オペラ座、楽友協会、コンツェルトハウス、フォルクス・オーパー、その他数多くの音楽機関でクラシック音楽を楽しんでいます。ウィーンは偉大な歴史的クラシック遺産を現代へと移行、新たな刺激の充実に成功しました。

ウィーンを象徴する音楽の習熟度はあらゆる分野に見られます。ハイレベルな教育、偉大なオペラハウスやコンサートホール、最高品質のオーケストラやパフォーマー、数多くのミュージアムや記念館が様々な形式で音楽のテーマに貢献しています。また、楽器製作からハイエンドな録音スタジオまで、音楽家向けの膨大なサービス産業、そして勿論、ウィーンの音楽カレンダーを埋め尽くす華やかなコンサートやイベントが国際的な観客を魅了しています。更に、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートやシェーンブルンのサマーナイト・コンサートなどは、世界中の何百万人というクラシックファンが体験しています。

音楽の都ウィーンとその忠実で熱狂的な聴衆がいるゆえ、過去も現在もこの町は世界中のアーチストを魅了している訳です。かつてルードヴィヒ・ファン・ベートーヴェンはウィーンを自身の仕事と生活の中心であると述べました。ウィーンを選んだアーチストの中には、オペラ歌手のアンナ・ネトレプコ、エリーナ・ガランチャ、ファン・ディエゴ・フローレス、更に指揮者のフィリップ・ジョーダンや音楽家、ジュリアン・ラクリンとアレクセイ・イグデスマンらが名を連ねます。

更に、多くの国際的に著名な音楽家たちがウィーンに特別な思い入れを持っています。「アメリカではナッシュビルが『音楽の都』ですが、ヨーロッパではウィーンが音楽の都です。」と、アメリカで最も成功を収めたソロアーチストで歌手、ピアニスト、ソングライターのビリー・ジョエルは言っています。映画音楽のレジェンド、ハンス・ツィンマーはこう言います。「音楽家にとって無類のインスピレーションが湧く町があるとしたら、それは今でもウィーンです。」 バイオリニストの巨匠、ジョシュア・ベルもウィーンを愛しています。「もちろん、音楽家であれば誰でもウィーンに来ることが夢です。街角が全て素晴らしいこの土地では、多大なインスピレーションを感じます。」 そしてスター的ピアニスト、ユジャ・ワンはウィーンを故郷のように感じています。「ウィーンには多くの友人がいます。ここにいると幸せを感じ、安心でき、受け入れられたと感じます。市立公園の散歩を楽しみます。コンツェルトハウスは楽友協会からそれほど遠くはありません・・・小さなパラダイスに来たような気分です。」

ウィーン市観光局は2020年のテーマイヤーに際して、アマゾンとグーグルの音声アシスタントのために革新的なボイスアプリケーションを作りました。アレクサ・スキルまたはグーグル・アクションでBeethovens WienまたはBeethoven’s Viennaを立ち上げると、ルードヴィヒ・ファン・ベートーヴェンの生涯と作品についてのインタラクティブな放送劇が始まります。ベートーヴェン・マニアも驚くようなストーリーや小話が語られ、彼の作品や個性についても多くの秘密が明かされます。フィリップ・ジョーダン率いるウィーン交響楽団によるルードヴィヒ・ファン・ベートーヴェンの全9つの交響曲の録音が、最適なサウンドトラックとなります。Beethovens WienまたはBeethoven’s Viennaのボイスアプリケーションは、英語またはドイツ語でアレクサ・スキル(アレクサ・スキルスト・アアメリカ、イギリス、カナダ、ドイツ・オーストリア・スイス)およびグーグル・アクション(世界中)で入手できます。

更に、ウィーン市観光局はオーストリア観光局と共同でサングラスのスマート・オーディオガイドを開発しました。スピーカー付きのボーズのフレームと、新しい#RelatedToAustria-App für iOSを使い、ルードヴィヒ・ファン・ベートーヴェンが(英語またはドイツ語で)ウィーンとニューヨークを聴覚によるご案内を。ウィーンではアルバーティナープラッツのツーリスト・インフォでサングラスを借りることができます。

ウィーン市は2019年12月16日、「ベートーヴェンは万人のもの」をモットーに大々的なフェスティバルの記念周年に突入します。

ウィーン市観光局のテーマイヤー「ウィーン2020 音楽の都」の情報:

ツーリスト・インフォ・ウィーン, Albertinaplatz / Maysedergasse, 1010 Wien, www.wien.info

Voice application for the Amazon and Google voice assistants:

ボイスアプリケーションの利用法

アレクサ・スキル
アレクサ・スキルストア(アメリカ、イギリス、カナダ)
立ち上げるには英語で:"Alexa, enable Beethoven's Vienna”
繰り返し聞くには英語で:“Alexa, start Beethoven's Vienna”

グーグル・アクション
グーグル・アクションストア
Beethoven's Viennaを立ち上げるには英語で:"Ok Google, I want to talk to Beethoven's Vienna“

Contact

Vienna Tourist Board
Helena Hartlauer
Media Relations
Tel. (+ 43 1) 211 14-364